×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

リーデルグラスで極上ワインを味わう

リーデルワイングラスの歴史

ワイングラスの最高峰として知られるリーデルは、ワインの味わいをより引き出すために、作られたグラスです。
リーデル社では、リーデル家においてグラス作りが代々受け継がれており、その影響もあり、リーデルグラスは開花していったようです。
元々は、ワイングラスよりも華やかな装飾のグラスを製作していたようですが、クラウス・ヨーゼフ・リーデルが、ワインはグラスの形状や大きさによって味が左右されることを発見し、それ以来、リーデル社では、ワイングラスを作りつづけていると言われています。
その後、クラウスの息子であるゲオルグ・リーデルによって、ワイングラス製作は試行錯誤を繰り返すこととなります。
ゲオルグは、葡萄の品種から、作られたワインのティスティング、それに伴うグラスの形状などを解明することに没頭しました。
何年もの間、自分たちの舌でグラスを確かめ合い、リーデル社の誇る最高のワイングラスを作り上げてきたのです。
リーゼルグラスでワインをいただくときは、こういったリーゼル社の歴史を思い起こしながらいただくと、味わい深さもひとしおでしょう。

リーデルグラスのセミナー

ワイン好きなら、様々な銘柄、品種のワインを飲み、すでにそのティスティングの一番ん重要な部分を引き受けているのが、ワイングラスであるとお気づきでしょう。
都内、青山などで開かれるワインセミナーでは、リーデルグラスを使用するセミナーが多く見られます。
それは、リーデルグラスが、ワインのためのグラスであり、ワインをより高めるグラスであると知り尽くしているからです。
青山には、リーデルグラスを購入できるショップもセミナーもたくさんあり、ワイン好きの方から、テーブルウェアなどのインテリアを購入する方など、様々な人々にリーデルグラスは愛されています。
リーデルグラスがワインのティスティングに優れているわけは、それだけ多種多様なワインに合わせたグラスを保持しているからです。
リーデルグラスは、ワインが舌と触れる部分のグラスの厚み、クリスタルの厚みに特に注意をし、丹念に作成されています。
それらが、ほどよく強化されたものが、リーデルグラスとして名声を浴びているのです。本物のワインを楽しみたいなら、一度セミナーを受け、リーデルグラスの勉強もされてはいかがでしょうか。

リーデルワイングラスの特長

ワインを楽しむなら、品種、銘柄にこだわるついでにグラスにもこだわってみませんか。リーデルグラスは、ワインのためのグラスです。
リーデルグラスでは、微妙な形状、大きさによってワインの味を変えてしまうのです。
逆に言えば、きちんとしたリーデルグラスを選べば、ワインの味をより高めることができるということでもあります。
リーデルグラスの特長として、第一にグラスの形は、ワインの性格を引き出すことになるそうです。
さらに、赤ワイン、白ワインといった品種の区別によってもリーデルグラスは違いに応じたグラスで構成されているといいます。
分かりやすいのは赤ワインのグラスとシャンペングラスを思い浮かべることです。
赤ワイングラスは、形状も大きく、ぼってりした印象がありませんか。
それに比べ、シャンペングラスは、すっと細身に伸びてはいないでしょうか。
リーデル社では、このように、どのグラスでどのワインをいただくのが一番ベストであるのかを知り尽くしているのです。
お気に入りのワインを飲む際は、ぜひともリーデルグラスもとびきり上等であってほしいと思います。